Plone その2

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

Plone妥協。。。

とりあえず、Ploneを動かす事を優先した。

なので、インストール済のZopeを消して、Ploneのinstall.shで全てを完了する形とする。

# cd /usr/local/src

# tar zxvf ./Plone-3.1.5.1-UnifiedInstaller.tgz

# cd Plone-3.1.5.1-UnifiedInstaller

# ./install.sh standalone

これで、Zope/Python/Plone のインストールは完了。

最後の方に、Zopeの管理コンソールへログインする為のID/PWが表示されるので注意。

Zopeを起動。

# cd /opt/

# ln -s Plone-3.1 plone

# cd plone

# cd zinstance

# cd bin

# ./zopectl start

次に、Zopeの管理コンソールより、PloneSiteを追加する。

http://192.168.100.100:8080/manage/

へアクセス。

右上のComboBoxより、「PloneSite」を選択。

Idには「plone」と入力。

あとは適当w

以下URLへアクセスし、正常に表示されればおk。

http://192.168.100.100:8080/plone/

これで、PloneSiteの追加は完了。

サイトのユーザ作成には、メールでの認証フローが必須との事。

現状、メールサーバ入れてないので、postfix でも入れてみようかと。

それはまたの機会に。

でわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です