カテゴリー別アーカイブ: Plone

Plone その2

Plone妥協。。。

とりあえず、Ploneを動かす事を優先した。

なので、インストール済のZopeを消して、Ploneのinstall.shで全てを完了する形とする。

# cd /usr/local/src

# tar zxvf ./Plone-3.1.5.1-UnifiedInstaller.tgz

# cd Plone-3.1.5.1-UnifiedInstaller

# ./install.sh standalone

これで、Zope/Python/Plone のインストールは完了。

最後の方に、Zopeの管理コンソールへログインする為のID/PWが表示されるので注意。

Zopeを起動。

# cd /opt/

# ln -s Plone-3.1 plone

# cd plone

# cd zinstance

# cd bin

# ./zopectl start

次に、Zopeの管理コンソールより、PloneSiteを追加する。

http://192.168.100.100:8080/manage/

へアクセス。

右上のComboBoxより、「PloneSite」を選択。

Idには「plone」と入力。

あとは適当w

以下URLへアクセスし、正常に表示されればおk。

http://192.168.100.100:8080/plone/

これで、PloneSiteの追加は完了。

サイトのユーザ作成には、メールでの認証フローが必須との事。

現状、メールサーバ入れてないので、postfix でも入れてみようかと。

それはまたの機会に。

でわ。

Plone その1

Plone準備からの続き。

まずは、Ploneをダウンロード。

$ cd /usr/local/src

$ wget http://launchpad.net/plone/3.1/3.1.5.1/+download/Plone-3.1.5.1-UnifiedInstaller.tgz

次に、展開して install.sh を実行

$ tar zxvf ./Plone-3.1.5.1-UnifiedInstaller.tgz

$ cd Plone-3.1.5.1-UnifiedInstaller

$ ./install.sh

どうやら、Python / Zope / Plone をセットで入れてくれるみたい。

そんなのヤダなぁ・・・

と思ったので、なんとか、Ploneのコアだけを既存のZopeに入れられないかと試行錯誤。

が、うまくいかず。。。orz

まだまだ、色々やってみます。

でわ。

Plone準備( Python-2.4.5 + Zope-2.10.6インストール )

その1その2のやり直し。

前の後始末はファイルとかディレクトリとか消すだけだから省略。

Python-2.4.5+Zope-2.10.6 にて、再構築。

  • まずは、Pythonから。

$ cd /usr/local

$ mkdir python_2.4.5

$ cd /usr/local/src

$ wget http://www.python.org/ftp/python/2.4.5/Python-2.4.5.tgz

$ tar zxvf ./Python-2.4.5.tgz

$ cd Python-2.4.5

$ ./configure –prefix=/usr/local/python_2.4.5

$ make

# su –

# cd /usr/local/src/Python-2.4.5

# make install

  • 次にZope

$ cd /usr/local

$ mkdir zope_2.10.6

$ cd /usr/local/src

$ tar zxvf ./Zope-2.10.6-final.tgz

$ cd Zope-2.10.6-final

$ ./configure –prefix=/usr/local/zope_2.10.6 –with-python=/usr/local/python_2.4.5

$ make

# su –

# cd /usr/lcoal/src/Zope-2.10.6-final

# make install

  • Zopeの初期設定は前と同じ

# cd /usr/local/zope/bin

# ./mkzopeinstance.py

Please choose a directory in which you’d like to install

Zope “instance home” files such as database files, configuration

files, etc.

Directory: /usr/local/zope → Zopeインストールディレクトリ

Please choose a username and password for the initial user.

These will be the credentials you use to initially manage

your new Zope instance.

Username: admin → 管理者アカウント

Password: → 管理者パスワード

Verify password: → もう一回パスワード

して、

# cd /usr/local/zope/etc

# vi zope.conf

default-zpublisher-encoding utf-8

さて、ちゃんと動くかな?

# su – zope

$ cd /usr/local/zope/bin

$ ./zopectl start

. daemon process started, pid=16886

おk。

http://XXX.XXX.XXX.XXX:8080/

で、ちゃんとZopeの画面も見れたので、それもおk。

ようやく、Ploneに入れます。

続く。

Plone準備( Python-2.5.2 + Zope-2.10.6インストール ) その2

その1の続き

Plone 入れる前に、ちょっと細かいところを。

  • Zope のインストールディレクトリにシンボリックリンクを張る

# cd /usr/local/

# ln -s zope_2.10.6 zope

  • Zope を動作させるユーザを追加する

$ su –

# adduser -d /home/zope zpoe

  • パスワードの設定

# passwd zope

  • Zopeインストールディレクトリ配下を、zope:zope に変更

# chown -R zope:zope /usr/local/zope_2.10.6

※元々zopeユーザで configure / make してればいらない作業かも?

  • zope ユーザになって、zopeの初期設定をするスクリプトを動かす

# cd /usr/local/zope/bin

# ./mkzopeinstance.py

Please choose a directory in which you’d like to install

Zope “instance home” files such as database files, configuration

files, etc.

Directory: /usr/local/zope → Zopeインストールディレクトリ

Please choose a username and password for the initial user.

These will be the credentials you use to initially manage

your new Zope instance.

Username: admin → 管理者アカウント

Password: → 管理者パスワード

Verify password: → もう一回パスワード

※mkzeoinstance.py と間違え易いので注意

  • Zopeのデフォルトエンコードがiso-8859-15 なので、これを utf-8 に変更

# cd /usr/local/zope/etc

# vi zope.conf

default-zpublisher-encoding utf-8

これで、初期設定完了

んじゃ、zope を動かしてみましょうか

# su – zope

$ cd /usr/local/zope/bin

$ ./zopectl start

Traceback (most recent call last):

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/Zope2/Startup/zopectl.py”, line 334, in <module>

exitstatus = main()

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/Zope2/Startup/zopectl.py”, line 290, in main

options.realize(args)

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/Zope2/Startup/zopectl.py”, line 95, in realize

ZDOptions.realize(self, *args, **kw)

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/zdaemon/zdoptions.py”, line 273, in realize

self.load_schema()

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/zdaemon/zdoptions.py”, line 321, in load_schema

self.schema = ZConfig.loadSchema(self.schemafile)

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/ZConfig/loader.py”, line 31, in loadSchema

return SchemaLoader().loadURL(url)

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/ZConfig/loader.py”, line 65, in loadURL

return self.loadResource(r)

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/ZConfig/loader.py”, line 159, in loadResource

schema = ZConfig.schema.parseResource(resource, self)

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/ZConfig/schema.py”, line 27, in parseResource

xml.sax.parse(resource.file, parser)

File “/usr/local/python_2.5.2/lib/python2.5/xml/sax/__init__.py”, line 33, in parse

parser.parse(source)

File “/usr/local/python_2.5.2/lib/python2.5/xml/sax/expatreader.py”, line 107, in parse

xmlreader.IncrementalParser.parse(self, source)

File “/usr/local/python_2.5.2/lib/python2.5/xml/sax/xmlreader.py”, line 123, in parse

self.feed(buffer)

File “/usr/local/python_2.5.2/lib/python2.5/xml/sax/expatreader.py”, line 207, in feed

self._parser.Parse(data, isFinal)

File “/usr/local/python_2.5.2/lib/python2.5/xml/sax/expatreader.py”, line 301, in start_element

self._cont_handler.startElement(name, AttributesImpl(attrs))

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/ZConfig/schema.py”, line 99, in startElement

getattr(self, “start_” + name)(attrs)

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/ZConfig/schema.py”, line 475, in start_schema

keytype, valuetype, datatype = self.get_sect_typeinfo(attrs)

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/ZConfig/schema.py”, line 201, in get_sect_typeinfo

datatype = self.get_datatype(attrs, “datatype”, “null”, base)

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/ZConfig/schema.py”, line 194, in get_datatype

return self._registry.get(dtname)

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/ZConfig/datatypes.py”, line 398, in get

t = self.search(name)

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/ZConfig/datatypes.py”, line 423, in search

package = __import__(n, g, g, component)

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/Zope2/Startup/datatypes.py”, line 21, in <module>

import OFS.Uninstalled

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/OFS/Uninstalled.py”, line 16, in <module>

import SimpleItem, Globals, Acquisition

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/OFS/SimpleItem.py”, line 26, in <module>

import AccessControl.Role, AccessControl.Owned, App.Common

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/AccessControl/__init__.py”, line 17, in <module>

from Implementation import setImplementation

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/AccessControl/Implementation.py”, line 98, in <module>

setImplementation(“C”)

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/AccessControl/Implementation.py”, line 51, in setImplementation

from AccessControl import ImplC as impl

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/AccessControl/ImplC.py”, line 18, in <module>

from cAccessControl import rolesForPermissionOn, \

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/AccessControl/SimpleObjectPolicies.py”, line 82, in <module>

from DocumentTemplate.DT_Util import TemplateDict

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/DocumentTemplate/__init__.py”, line 21, in <module>

from DocumentTemplate import String, File, HTML, HTMLDefault, HTMLFile

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/DocumentTemplate/DocumentTemplate.py”, line 112, in <module>

from DT_String import String, File

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/DocumentTemplate/DT_String.py”, line 19, in <module>

from DT_Util import ParseError, InstanceDict, TemplateDict, render_blocks, str

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/DocumentTemplate/DT_Util.py”, line 19, in <module>

from html_quote import html_quote, ustr # for import by other modules, dont remove!

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/DocumentTemplate/html_quote.py”, line 4, in <module>

from ustr import ustr

File “/usr/local/Zope_2.10.6/lib/python/DocumentTemplate/ustr.py”, line 18, in <module>

nasty_exception_str = Exception.__str__.im_func

AttributeError: ‘wrapper_descriptor’ object has no attribute ‘im_func’

ちょwwwwwwwwwwwwwwww

エラー出過ぎwwwwwwwwwwwwwwww

色々調べたところ、Python 2.5系ではダメっぽい

ん~・・・

2.4系に戻してもう一度やってみよう

デフォルトで入っていた 2.4.3 では怒られたので、次回は、2.4系の最新の、2.4.5 でやってみようと思う

でわ

Plone準備( Python-2.5.2 + Zope-2.10.6インストール )

環境は以下。

OS:CentOS5.2(WinXP上のVMWareにて稼働)

Plone を入れる為に Zope を入れようとしたのだが、

Python-2.4.3 ではダメと怒られたので、2.5.2 を入れる。

  • まずはPython を DL

$ cd /usr/local/src

$ wget http://www.python.org/ftp/python/2.5.2/Python-2.5.2.tgz

$ tar zxvf ./Python-2.5.2.tgz

  • そのあと、ディレクトリを別に掘って、configure

$ cd /usr/local

$ su

# mkdir python_2.5.2

# exit

$ cd /usr/local/src

$ cd Python-2.5.2

$ ./configure –prefix=/usr/local/python_2.5.2

  • んでもって、make して、make install

$ su –

# cd /usr/local/src/Python-2.5.2

# make

# make install

  • ここで、Python-2.5.2 を有効にする為に、PATHに追加

# cd /etc

# vi profile

PATH=/usr/local/python_2.5.2/bin:$PATH

# python -V

Python 2.5.2

これが出ればおk。

次は Zope

$ cd /usr/local/src

$ wget http://www.zope.org/Products/Zope/2.10.6/Zope-2.10.6-final.tgz

$ tar zxvf ./Zope-2.10.6-final.tgz

  • ディレクトリ掘って、configure

$ cd /usr/local

$ su

# mkdir zope_2.10.6

# exit

$ cd /usr/local/src

$ cd Zope-2.10.6-final

$ ./configure –prefix=/usr/local/zope_2.10.6 –with-python=/usr/local/python_2.5.2/bin/python

  • make して、make install

$ su –

# cd /usr/local/src/Zope-2.10.6-final

# make

# make install

これで、Plone 入れるだけ。

さて、また空いた時間にやります。

でわ。

レンタルサーバでのZope+Ploneについて

さくらインターネットのサポートに問い合わせ。

なんか、いまいちはっきりしない回答だったので、

「可・不可、どっちなの?」

と、メールを再送。

結果、

「共用レンタルサーバではZopeダメです」

という結果になりました。

入れたって書いてあるサイトもあったので、イケると思ったんだけど・・・

まぁ、daemonで常駐するのはダメって規約に書いてあったんだけどねw

今更ながら、専用サーバにすれば良かったと後悔。。。

仕方ない、適当な検証機でやるか。。

残念です。

でわ。

Ploneもやるかね

TYPO3 を入れたさくらのレンタルサーバに、

Plone

も入れようかと考え中。

色んなページを見ると、前例があるので、問題ないと思われる。

また、Zope にオブジェクトデータベースなるものがあり、

Plone はその DB を見に行くので、TYPO3 の環境を壊す事もないし。

Python の勉強も出来るので、ちょうどいいかな。

でわ。