USBメモリ+UniformServer+Starbug1でポータブルBTS環境を構築

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、気軽に使えるBTSシステムである、Starbug1をUSBメモリに入れ、持ち運べるようにしてみました。

ミドルウェア環境は、UniformServerを使います。

※WAMPです

以下、簡単な流れです。

1) USBメモリを準備、端末に接続

  → 今回はFドライブとしました

2) UniformServerをダウンロード

  → http://www.uniformserver.com/

3) UniformServerをインストール

  → インストール先はUSBメモリを指定

   → F:\UniServer へインストールされる

4) Starbug1をダウンロード

  → http://starbug1.sourceforge.jp/

5) ダウンロードしたStarbug1をドキュメントルートに展開する

  → F:\UniServer\www\starbug1

6) httpd.conf を修正する

  → F:\UniServer\usr\local\apache2\conf\httpd.conf

   → ExecCGIを追記して、CGIを動作させる

7) UniformServerを起動する

  → Start_Server.bat を実行

8) ブラウザにてアクセス

  → http://localhost/starbug1/index.cgi

これでポータブルBTS環境の構築は完了。

USBメモリさえあれば、会社でも家でも同じBTSが使えます。

自分用のタスク管理に良いかもですね。

でわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です