VMWarePlayer + QEmu + CentOS 5.2

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

やってみました。

※あくまで自端末にて実施した内容です!!

 下記の通りに設定してうまくいくとは限りません!!

ホストOS:WindowsXP SP2

ゲストOS:CentOS 5.2

  • CentOS5.2 のイメージ(isoファイル)をダウンロード。

http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/isos/i386/CentOS-5.2-i386-bin-DVD.iso

  • VMWarePlayer をダウンロードして、インスコ。

http://www.vmware.com/jp/download/player/

  • Qemu ダウンロード。

http://www1.interq.or.jp/~t-takeda/qemu/qemu-0.9.1-windows.zip

※コマンドラインツール

  • Qemu で、vmdk ファイルを作成

qemu-img.exe create -f vmdk D:\VMWare\centos52.vmdk 35G

※ココで指定するサイズは最大サイズなので、はじめから35GBのファイルが作成されるわけではないです

  • vmxファイルの作成

この、vmxファイルに、色々と設定が書かれるのです。

で、それを作ってくれるサイトがこれ。

[VMBuilder]

http://dcgrendel.thewaffleiron.net/vmbuilder/2.0/

※Firefoxで見てくださいな

設定した内容は以下。

 ・OS

  Red Hat Enterprise Linux 4  → あとで手動で5に変更する

 ・memory

  1GB

 ・Ethernet

  AddressType = Generatad

  ConnectionType = Bridged

 ・IDE0

  Master: Enable = on

  Filename = D:\VMWare\centos52.vmdk

  Device Type = disk

  Mode = persistent

  AutoDetect = on

  Start Connected = on

 ・IDE0

  Slave: Enable

  Filename = D:\VMWare\CentOS-5.2-i386-bin-DVD.iso

  Device Type = cdrom-image

  Mode = persistent

  AutoDetect = on

  Start Connected = on

他は適宜変更な感じで。

左上の「Generate VMX File」クリックで、設定した内容が表示されるので、

それを適当な名前でテキストファイル作って、貼り付け。

D:\VMWare\centos52.vmx

  • ホストOS 側のネットワークの設定

VMWareインストールディレクトリに、「vmnetcfg.exe」があるので起動。

「ホスト仮想ネットワークの割り当て」タブを選択。

VMnet0に自分のネットワークカードを設定。

  • ゲストOSのインストール

作成した、centos52.vmx ファイルを起動すると、CentOSのインストールが開始。

あとは、普通のCentOSのインストールと同じです。

NICの部分でちょっと引っかかるかもですが、まぁ、適当に自端末の設定によって変更してくださいな。

でわ。

VMWarePlayer + QEmu + CentOS 5.2」への2件のフィードバック

  1. momiage3dau

    アキバで買った3万円の検証機を他の人に使われてしまったので、VMWare入れてみました。
    思ったほど重くもなく。
    運用サーバへのアプリインストール検証とかなら問題無く出来そうなレベルですね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です