MySQLの詳細ログ出力設定について

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

例えば、会員登録サイトを構築して会員情報の検索が遅い時、

まずはSQLを調べますよね?

PHP等でO/Rマッパーを使っている場合、

実際にどのようなSQLが投げられているかがよくわからなかったりします。

そんな時は、ログを出力するようにしましょう。

設定は簡単です。

my.cnf に設定を追加するだけです。

# cd /etc

# vi my.cnf

[mysqld]

log=/var/log/mysqld_detail_access.log

これだけ。

設定追加後は、MySQLのプロセス再起動をしましょう。

これで、MySQLに実際に投げられているクエリがログに出力されます。

実際に見てみるとわかりますが、思った以上にゴリゴリとSQLが投げられています。

開発効率を考えてO/Rマッパーを使うのもいいですが、

素でSQLを書いた方がパフォーマンスチューニングしやすいかな、と思ったり。

でわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です