SWFObjectの使い方

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

久々のネタを。

サイトにFlash(swfファイル)を埋め込みたい場合、SWFObjectが便利です。

現状、Ver1.5 と Ver2.1 とがあり、パラメータの指定の仕方が違います。

なので、そのあたりを書きますね。

SWFObject Ver1.5 の場合

new SWFObject(
[SWFファイル名],
[embed id],
[横幅],
[高さ],
[Flashのバージョン],
[背景色]);
具体的な使い方
<script type="text/javascript" src="swfobject.js"></script>
<div id="swf_object"></div>
<script type="text/javascript">
var swfObj = new SWFObject("sample.swf", "sample", "800", "600", "7", "#FFFFFF");
swfObj.write("swf_object");
</script>

SWFObject Ver2.1 の場合

swfobject.embedSWF(
[SWFファイル名],
[embed id],
[横幅],
[高さ],
[Flashのバージョン],
[expressInstall.swf],
[flashvars],
[params],
[attributes]);
具体的な使い方
<script type="text/javascript" src="swfobject.js"></script>
<div id="swf_object"></div>
<script type="text/javascript">
flashvars = {};
params = {};
attributes = {};
swfobject.embedSWF("sample.swf", "swf_object", "800", "600", "9.0.0", "expressInstall.swf", flashvars, params, attributes);
</script>

flashvars : Flash自身に渡すパラメータ

params : Flashプラグインに渡すパラメータ

attributes : よく分からない。。。

今回はこんな感じで。

もうちょっとちゃんと調べたら清書します。

でわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です